初代メルセデス・ベンツSLクラスの全てに感動! ドイツ車 NO.1

旦那の掲載されていた雑誌」を前回ご紹介しましたが

画像


画像ではどんな内容なのか分からないので記事を抜粋します。

 ドイツ車マガジン 月間ジャー○ンカーズから

街の評論家(?)に聞く  ドイツ車何でもベスト10

旦那に対する取材は・・・

整備のやりがいのある ドイツ車ベスト10は?ってことなんですけど

旦那の記事には・・・・

今までの経験上 (旦那は整備士歴28年)

最も整備のしがいがあった車メルセデスの300SL

昭和で言うと29年式のクルマを整備したのですが

フレーム構成からメカニズム

どれを取っても日本車には真似のできない高度な技術を持つクルマでした。

ドアの開閉1つを取っても、素晴らしい出来映えだと痛感しました。

画像


(あゆ民のコメント:300SLは石原裕次郎さんが乗っていたクルマとしても有名らしいですよ


ポルシェ914

エンジン始動付加や不調がよく起きたクルマ

バッテリーの上にメインコンピュータが無造作に備わり

バッテリーから発する希硫酸がメインコンピュータを侵食し破壊するというもの

アルミ板を加工して取り付けたり

コンピュータやバッテリーの位置をずらしたり

苦肉の策で悪戦苦闘をよくしたものです。

画像



BMWの02シリーズには

キャブレターのセッティングによく悩まされた記憶がありますね。

マルニターボの加速は、かなり強烈な印象が残っています。

画像


つづく・・・

人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ 車 輸入車・外車へ
にほんブログ村

    
応援クリックお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック